お金に困った時は借りてます。

【やれることは何でもやってみます。】

お金を借りたりすると、返すのも大変だし、利子も増えるので、借りるのは私は嫌なので、持っているものをネットで売ったり、友達や知り合いに安く売ったり、フリーマーケットなどに出店したりしてお金を作ると思います。

これなら自分の持ち物なので、人に迷惑をかける必要もないし、人にお金を借りるよりは気が楽だからです。借りたほうがお金もたくさん入るかもしれませんが、返済のことを考えるとやっぱり自分の持ち物を売るのが一番です。

それをしながら、ネットでのお仕事を探したり、なんでも短期単発のお仕事を引き受けたり、地道にお金を作ることを頑張ると思います。ネットが使えると、ネットでもものを売ったり、自分で作ったものを販売したりもできるサイトもあるので、そういうところを有効に利用したいと思います。

私は特に、裁縫もできるので自分で小物を作って売ることも可能だと思いますし、翻訳等の特技を生かした仕事もネットでできるので、きっとする気になれば何でもできる気がします。

手っ取り早くお金がいるなら、一番に短期単発の仕事を探すことを優先するかもしれません。それと同時に物を売ったり、ネットでのお仕事をしたり、掛け持ちで仕事を頑張ると思います。

お金が無くなったとなると、いつも以上にやる気が出ると思うし、しないといけない、という気持ちが強まると思うので、その時は自分にもできる、という気持ちを強く持って頑張って何とかお金を作ると思います。
【日雇いのアルバイトはすぐにお金をもらえます】

金額にもよりますが、生活する上で必要なお金が無くなってしまった!という場合には、日雇いのアルバイトを探します。

何度かやった事がありますが、まずはその会社に赴いて手続きをし、会員登録をさせます。 すぐに仕事を紹介してくれるので
翌日(場合によっては、その日の午後)から仕事が出来る所が多かったです。

作業内容は、軽作業系が中心。 男性でも女性でもできるような、例えばベルトコンベアが目の前にあり流れて来る商品を箱詰めする。等の作業を行います。

あとは、男性であれば家具や荷物をトラックに載せる、ハンドリフトで荷物を運搬する等の作業がありますが基本、箱詰め作業がほとんどです。

交通費は出ない所が多かったです。 朝9時くらいから17時まで働いて(昼休み1時間と、小休憩あり)大体6000円くらいになります。給与は、その日に会社に行けば貰えます。

あまり人に迷惑をかけたくないので、時間があれば、こういったバイトをしますが「すぐにでも」お金が必要になった場合は、「親から借りる」か「消費者金融」を利用します。

また、お金が無くなるまでに多少の余裕が見られる場合は、yahooオークションを利用し、物を売るかもしれません。

「知人から借りる」という事は、した事がありません。
信頼関係に関わるからです。

消費者金融であれば、見ず知らずの他人からお金を借りるわけでありますから、返済日にさえ気をつけていれば安心してお金を使う事が出来ます。

「親から借りる」場合は、すでに信頼関係が成り立っており、多少返済が遅れても目をつむってくれる事もあると思いますし知人からお金を借りる時ほど気にはなりません。(オレオレ詐欺なんていうのが流行っているくらいですから)

お金が無くなった場合、基本、日雇いバイト。 次に消費者金融(≫コチラを参考に)。といった順番で借りると思います。
【金額にもよりますし、担保となるものがあるか、あるいは保証人を頼めるかなどにもよりますが、私なら当座急を要する場合は消費者金融に行きます。】

当座は消費者金融でつなぎます。そのあとは必要資金、自分の担保能力、連帯保証人を頼める人がいるかなどの状況により変わります。前記の3つが何とかなるのなら銀行へ行きます。たぶん貸してくれるでしょう。

この場合職があることが最低条件であることはもちろんです。
何とかならない場合は売れるものは売ります。たとえば自宅など。

金額がそれほどでもない場合は役所に行って生活資金を借りられる制度がありますから相談してみます。
それとともに親戚に相談します。いつまでも消費者金融で借りていると金利倒れしてしまいます。

この際メンツを失おうとも利息を取られようとも親戚なら金利も高いことは言いませんでしょうし、それを選びます。
どの親戚も貸してくれないようなら日頃のあなたの行動が悪かったのでしょうから仕方がありません。生活保護の申請ですね。

病気であるとか会社都合解雇されたような場合は生活保護が出る確率が高いです。
でも決して偽装離婚とか不法な方法で生活保護を申請することはしないでください。

子供さんがいれば子供さんは親の背中を見ています。将来悪影響必至です。自分自身もダメ人間になります。奥さんも同じです。

体が健康なら奥さんと二人で働くことを考えましょう。深夜勤務なら一人でも25万円くらい。夫婦なら35万円くらいになります。
おれで頑張って消費者金融の借り入れを少しづつ返しながら生活しましょう。

楽しようなんて思ったら起きている価値なし。本来税金で食べていこうなんて邪道です。
なぜなら税金を払うために体を犠牲にしてまで頑張っている人が大勢いるのです。

世の中にはボーナスも退職金も縁のない人が大勢います。働いている人の過半数はそういう人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>